XBlades(エックスブレイズ)の歩み

オーストラリア生まれのラグビーに特化したブレードソールシューズ

 1989年、オーストラリアのメルボルンにて、当時オーストラリアンフットボール選手かつ生体力学の学者のデービッド・マイアース(David Miers)がアスリートの足の怪我とシューズの関係性について研究を開始したのが始まりです。

選手であった自分自身の経験を元に、「パフォーマンス向上、かつ足の安全を第一に」というアスリートの観点から、革新的なブレードソールを開発、エックスブレズの礎となりました。※ブレイドソール=素早く地面に食いつくスタッド形状

1989年の創業以来、オーストラリアの国民的なスポーツであるラグビーやオーストラリアンフットボール(AFL)の革新的な製品開発をリードしてきました。                               

靴へのこだわり


 リーディングスポーツサイエンス生物力学と足病学の名士やオーストラリアの主要な大学との研究、提携を重ねテクノロジーとデザインの面でのイノベーションの革新を遂げてきました。弊社のブレイドソールはエックスブレイズのシューズの代名詞であり続ける機能あり、競合ブランドとの差別化のポイントです。

特に、ソニックソール(高いクッション性と安定性を両立)やバイオニックソール(安定感を保ち自然に正しい姿勢をサポートかつ、衝撃吸収をし足の疲労による怪我の予防につなげる)を始めエックスブレイズのシューズはグローバルに活躍しているラグビーユニオン・リーグ、オーストラリアンフットボール(AFL)、タッチラグビーの選手が着用しています。

近年では、耐久性が高く高いクッション性と負担軽減を持ちかねたTPU(樹脂素材)素材を使用したワイドラスト(幅)のソールの開発を始め、プロテクション(保護性)を強化したヒールウエッジやデュアル デンシティー(前足部と中央部以後で硬度が異なるソール)の開発を通じ、進化を遂げてきました。

  

イノベーション

 「アスリートと協業し創造した製品作り」をモットーに掲げ、エックスブレイズはリーディングスポーツカンパニーとしてイノベーションに力を注いでいます。

2018年はX-スリップ(樹脂プリント)をヒール部分に取り付け靴ズレを軽減、またX-グリップ(シリコングリップ)をアッパー部分に施しキックの精密度に貢献できるようにと、アスリート目線で購入者である皆様のパフォーマンス向上、かつ足の安全を第一に挑戦を続けてきました。

オーストラリア、日本、イングランド、アメリカを始めプロフェッショナルで活躍されている選手が着用し信頼をよせている製品を皆さんに体感して頂きたいです。

 

今後の取り組み

 XBladesはグローバル企業の誇りを持ち、シューズのみならずチームウェア、ヘッドギアを始めとするプロテクションギアやラグビーボールを始めとするアクセサリーの開発に携わっています。

経営理念

「スポーツの固定概念を破る  -  フィートファースト(アスリートの脚元に焦点をあてた製品開発)」をビジョンに掲げより良い製品開発を目指し日々専念しています。

企業価値

以下の5つのバリューがブランドを築き上げてきました。

  1. 活気に満ちたカルチャー
  2. 創作的なイノベーション
  3. 強い意志
  4. 立ち向かう心
  5. 団結力

XBladesの契約選手などの情報に関しては、こちらをクリックして下さい。